【包茎先生】包茎というデリケートな悩みを解決するぞ

【包茎先生】包茎というデリケートな悩みを解決するぞ

 

大人向けの雑誌の広告などに包茎治療のチラシが掲載されていることがよくある。

 

一口に包茎と言っても普段は包皮を覆っている状態で勃起すると皮がむける状態が「仮性包茎」で普段でも勃起状態でも皮を被っている状態が「真性包茎」という。

 

実は私は前者の「仮性包茎」です。多感なj時期になる中学高校時代、勃起しても皮がむけなくて保健体育の先生に相談しに行ったことがある。

 

笑われるかと思ったが先生は真剣に「それは大丈夫。包皮は亀頭を守るためにあるから。被っていても心配ないよ。」と話してくれた。

 

営み前に元カノ、妻、風俗嬢にも正直に話したが全員全く気にされなかった。やはり日本人は仮性タイプの人が多い様である。

 

ただ、普段は亀頭が包皮に覆われている為、亀頭の周りに垢がどうしても溜まりやすい。なので入浴時に毎日皮をむいて優しく洗うように心掛けている。

 

肌に優しい赤ちゃん用のボディソープで洗うと刺激が少なく消毒も兼ねるので問題なく過ごせる。

 

肯定するわけではないが、仮性包茎の方がセックスの時のみ亀頭が出るので、スゴク感じるので気持ちが良いかもかもしれない。

 

一方、真性包茎の場合は常に亀頭が包皮に覆われている為、仮性包茎同様に亀頭の周りに垢が溜まってしまう。剥きたくても剥けないので手入れも難しい。垢が溜まると細菌による影響で炎症なども起こしやすいので、一度泌尿器科を受診することをお勧めする。

 

雑誌に載っているクリニックはいきなり包皮をカットする施術に入る可能性が高い。男性にとっては非常に大切な部分であるので、一番最初はちゃんとした医療機関に診察してもらうのが一番安全で確実です。

 

包皮をカットすることになったとしても、医療機関として正式に診ている機関を紹介してくれるので安心してください。恥ずかしいかもしれないけれど、放置しておくと取り返しのつかないことになる恐れがある。

 

真性包茎の疑いがある方はためらわずに医療機関に受診するべきである。真性包茎のままパートナーとのセックスはお互いに危険です。勃起時に皮が剥けようとするので男性器に痛みが走る。女性器にも包皮の裏に付着している垢や細菌が付着し、性病を起こす恐れがある。

 

残念なことに今日本では若年層の性病が増加傾向にある。これは、包茎が原因ではなく、性病に関する知識(勉強)不足による影響が多い。

 

性に関する授業が減り、真剣に教える親(大人)も減ってしまい、知識を持たぬまま社会に出て性行為をしてしまっているのが原因と認識している。

 

風俗に行くなとは言わない。だが、大切な生殖器を守るためには自ら真剣に勉強して知識を高めて、気になる部分があるならためらわず、医療機関などに相談すべきである。

 

もし、自分で真性包茎を改善したいならキトー君をおすすめする。

 

騙されるな!キトー君の本当の効果を大暴露

 

page top